2009年03月27日

脱臼歴2 フットサルで1回目の脱臼 通院〜完治

2006年6月 その4

肩がはずれてから3日後、言われた通りの時間に病院へ行きました。
予約しておくと、受付は機械でやってくれるんですね。
診察券を機械に入れると受付終了。
出てきた伝票と診察券を整形外科の受付に渡したら、あとは待つだけでした。

待つこと15分。
自分の番が回ってきて診察室に入ると、先日の顔の丸い先生が待っていました。
まずは、腕を固定していた布をはずしてもらいました。
左腕は3日も洗っていないので、だいぶかゆくなってたんです。
とりあえずはずれて安心。
肩に湿布を張ってもらい、次に服を着るコツを教えてもらいました。
なんせ左腕は上げられないので、普通の方法では服は着れません。

まず、怪我をしている左の腕の袖を通します。
次に首を通して、最後に右腕を通します。
そうすると右腕を上げるだけで、左腕は全然動かさずに服を着れます。
最初はすごく時間がかかりましたが、3,4日で慣れました。

後は、これからの治療予定と、生活における注意点をいろいろとお話してくれました。
三角巾をかけられて、その日の診察は終了です。
通院は、それから一週間後に診てもらい、次はその2週間後、次はその3週間後の、全部で4回でした。
毎回湿布を出してもらい、「ここまでは動かしていいよ。」などの説明を受け、経過を見るだけの軽い診察でした。

三角巾は1ヶ月くらいで取れ、スポーツもその頃から少しずつ再開していきました。
でも、まだ急に方を動かすと痛かったです。
本当は1ヶ月でのスポーツ復帰は早すぎるんですが、1ヶ月も体を動かせないのは拷問だったので、「軽く走るだけ」と思って再開しちゃいました。
痛みや違和感が完全に消えたのは、ケガから2ヶ月くらいです。
ちゃんと治るのには半年くらいはかかるみたいですね。

それにしても、三角巾をしているとみんなが優しくしてくれます。
まだまだ、いい人はたくさんいるんですね。
ともあれ、これで1回目の脱臼は無事に(?)終了です。
posted by ペンギンギン at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 脱臼歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。