2009年04月23日

肩の検査を受けてきました MRI検査

2009年4月22日水曜日 その3

恐怖の注射が終わると、さっき塗った消毒液を拭き取ってくれて、指した所になにやらガーゼのようなもの(こういうの絆創膏っていうんでか?)を貼ってくれました。
肩に造影剤が入っているので、なんだか肩に違和感がありました。
なんだか、肩がはずれ3週間くらい経ったときの肩の感覚に似ている気がします。
痛くはないけど、なんだか違和感があるあの感じです。
造影剤は自然に吸収されるので、問題ないということです。
そして撮影のために、MRI撮影室へ。

部屋の中には、テレビでよく見るあの機械が置いてありました。
台が動いて、狭い円筒形の中に体が入っていくあの機械です。
仰向けに寝転がると、軽く体を固定されて、体が動かないように胸の上に重りを乗せられました。
「苦しくないですか?
検査は15分くらいかかります。
その間体を動かさないでください。
狭いところは大丈夫ですか?
大きな音がしますが我慢してください。」
そして機械の中に体が入って行きます。

確かに狭い。
これは閉所恐怖症の人は耐えられないかも。
狭い所がわりと好きなオレも違和感を感じました。
しかもなんかでかい音がするぞ!
ガガガガ、ビビビビ、ブーンブーン。
さすがに気分が悪くなって、目を開けてられませんでした。
目を閉じて、ひたすら楽しいことを考えることにしました。

日曜日に遊びに行ったこと。
昨日電話で話したこと。
好きな音楽のこと。
っちゅうか、トイレ行きたい。
さっき行くか迷ったけど、やっぱり行っておけばよかった。
だんだん胸の上の重りが重たく感じてきたなぁ。

…………あ、ヤバイ寝落ちそうだった。
顔の右側がかゆいな〜。
かいたらやっぱり怒られるのかな?
怒られるっちゅうか撮り直しだろうな。
ガーガー、ゴゴゴゴゴゴ。
まだ、終わんないのかな?
posted by ペンギンギン at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 手術前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。