2009年05月31日

入院2日目・手術当日 手術

2009年5月28日木曜日 その2

それにしても注射はいやです。
しかも点滴って刺しッぱだし。
前腕に刺して、テープで固定します。
このテープ、結構強力で、はがす時メチャメチャ痛そうです。
点滴のついでに、左肩にマジックで○印をつけられました。
こっちの肩を手術しますよマークです。

手術開始予定時間は10時30分だったんですが、10時に看護士がやって来ました。
「手術室から呼ばれたんで、準備してくださ〜い。」
ということで、T字帯と靴下と帽子をつけます。
F1000066.jpg
T字帯は、写真右のふんどしみたいなやつなんですが、ちょっと見難いですね。
靴下は、当分足を動かせないので、血流が悪くなって血が固まるのを防ぐためにつけるそうです。
エコノミークラス症候群として知られる、あの症状ですね。

ま、そんなわけで、看護士さんの後ろについて、テクテクと3階の手術室まで歩きます。
手術室前で靴を脱いで、小さなベッドの上に横になります。
おばさんと「今日はよろしくお願いします。」の挨拶を交わすと、執刀医の、思ったより若い感じの担当医(実際は40歳くらいだそうです)登場です。
いつものように「あ、どうも。」と挨拶をされて、先生とも「今日はよろしくお願いします。」の挨拶を交わして、手術室へと運ばれました。
手術室は割と広くて、人が5,6人いたと思います。
寝転がってたんでよく見えなかったんですが、オレがキョロキョロしていると
「皆さん珍しくてキョロキョロするんですよ。」
「大丈夫だから、安心してくださいね。」
と、先生。
ホント、優しくて、低姿勢で、いい先生です。

足とか体に、ペタペタといろいろなものを貼り付けて、酸素マスクをつけた頃に
「麻酔担当です。」と、麻酔医さんの登場です。
あれ?昨日説明してくれた人と違う人じゃん!
とか思ってるうちに、点滴に麻酔を注入され
「ちょっと腕がピリピリしますよ〜。」
ん?なんかちょっと気分が悪いな。
っちゅうか先生、腕よりも、なんだか肺の方がピリピ・・・。

・・・

「・・・○さん。」
「○○さん、分かりますか〜?」
ん?夢か?
そういえば今、夢を見ていたような。
「わかりますか〜。」
わかるけど、オレは声を出せるのだろうか?
かろうじて、「はい、わかります。」と答えます。
「終わりましたよ〜。」
え?もう?
posted by ペンギンギン at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 手術・入院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。